トップ > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌など) > 四種混合ワクチンの一部製品の自主回収

四種混合ワクチンの一部製品の自主回収

更新日: 2019年(令和元年)9月25日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

四種混合ワクチンの一部ロット製品が自主回収されました。

一般財団法人阪大微生物病研究会(以下、「阪大微研」)が製造した四種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」の一部ロット製品が、ポリオの有効成分が有効期間内に承認規格を下回ったことから自主回収されました。

製品名

テトラビック皮下注シリンジ

該当ロット番号

4K23A・4K23B・4K23C・4K24A・4K24B・4K24C

阪大微研によると、安全性に影響があったとする報告はなく、該当のロット製品と同等の有効成分を持つワクチンを使用した場合でも、十分なポリオウイルスに対する抗体を獲得することが臨床試験において確認されているとのことです。

しかしながら、有効性に不安を感じ、抗体価測定を希望される方に対しては、抗体検査の実施とその費用を、また、抗体検査の結果ポリオの追加免疫が必要と判断され、予防接種が実施された場合にはその費用も阪大微研が負担します。

該当のロット製品に関する詳細につきましては、下記問い合わせ窓口にお問い合わせください。

問い合わせ窓口

一般財団法人阪大微生物病研究会 問い合わせ窓口

フリーダイヤル 0120-280-980(土曜・日曜、祝日を除く、午前9時から午後5時30分まで) 

抗体検査・予防接種

抗体検査を希望する場合は、抗体検査の評価や定期予防接種スケジュールへの影響を回避するため、四種混合ワクチンの4回目接種終了後、4週間以降に抗体検査を実施することが推奨されています。抗体検査の必要性については、該当ロットのワクチンを接種した医療機関にご相談ください。 

抗体検査の結果、ポリオの追加免疫が必要とされた場合は、追加接種を検討してください。医療機関に相談後、追加接種を希望される場合は、小平市健康推進課にお問い合わせください。追加接種に使用していただく定期接種用の予診票をお送りします。

なお、追加接種に至った場合には、接種の記録を把握させていただくことで定期接種扱いとなりますので、追加接種時に使用した予診票は保護者様から小平市健康センターに郵送で提出していただきますようお願いします。 

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当
電話:042-346-3700
FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る