トップ > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌など) > 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンのキャッチアップ接種【令和7年3月31日まで】

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンのキャッチアップ接種【令和7年3月31日まで】

更新日: 2024年(令和6年)5月29日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

接種勧奨が差し控えられていた期間に子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種機会を逃した方を対象とした公費での接種(キャッチアップ接種)を、令和7年3月31日まで実施しています。
令和6年度に新たにキャッチアップ接種の対象となった方(令和6年度に高校2年生相当の女性)には、令和6年4月に予診票を送付しています。また、キャッチアップ接種の対象の方には、令和6年5月に案内はがきを送付しています。
HPVワクチンは3回の接種が必要となり、約6か月の期間を要しますので、希望される方は早めの接種をご検討ください。

HPVワクチンのキャッチアップ接種

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種(HPVワクチン)は、平成25年6月から積極的接種勧奨が差し控えられていましたが、令和4年4月から積極的接種勧奨が再開されました。
積極的接種勧奨の差し控えにより、HPVワクチンの定期接種の対象年齢(小学校6年から高校1年相当)の間に接種を受ける機会を逃してしまった方を対象に、あらためて接種の機会(キャッチアップ接種)が設けられています。

対象者

以下の2つとも満たす方が対象となります。

  • 平成9年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた女性
  • 過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方

接種期間

令和7年3月31日まで

対象となるワクチン

3種類があり、いずれか一つのワクチンを3回、筋肉内注射をします。

  • サーバリックス(2価)
  • ガーダシル(4価)
  • シルガード9(9価)

注意事項

過去に1回又は2回のワクチン接種歴があり、長期にわたり接種を中断していた際は、接種を初回からやり直すことなく、残りの回数の接種を行います。
その場合には、原則、過去に接種したワクチンと同一のワクチンの接種となるため、必ず、母子健康手帳等で接種履歴をご確認ください。
ただし、過去に接種したHPVワクチンの種類が不明の場合には、接種を実施する医療機関の医師と十分に相談した上で、接種するワクチンの種類を選択してください。

接種間隔

サーバリックス(2価)

 必ずあける必要がある間隔標準的な接種間隔
1回目接種から2回目接種までの間隔1か月以上1か月
2回目接種から3回目接種までの間隔5か月以上6か月

 

ガーダシル(4価)

 必ずあける必要がある間隔標準的な接種間隔
1回目接種から2回目接種までの間隔1か月以上2か月
2回目接種から3回目接種までの間隔3か月以上6か月

 

シルガード9(9価)

 必ずあける必要がある間隔標準的な接種間隔
1回目接種から2回目接種までの間隔1か月以上2か月
2回目接種から3回目接種までの間隔3か月以上6か月
  • 標準的な接種間隔をとることができない場合は、必ずあける必要がある間隔をあけて接種してください。
  • 1か月以上の間隔をおいた日とは、翌月の同日を指します。翌月に同日が存在しない場合はその翌日(1日)となります。3か月以上の間隔をおいた日も同様の考え方です。

接種費用

無料

接種場所

市内指定医療機関(個別接種)(PDF 97.5KB)

一覧に記載のない医療機関での接種を検討している方は、リンク先をご覧ください。

 

相談窓口

不安や疑問があるとき、困ったことがあるときの相談

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についてのご相談は、厚生労働省から委託をうけた民間事業者が運営する相談窓口をご利用ください。

電話番号

03-5656-8246

受付時間

平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

接種後に症状が生じた方に対する相談

まずは、接種を受けた医師・かかりつけの医師にご相談ください。

その他、東京都が設けている下記の相談窓口もご利用いただけます。

東京都保健医療局感染症対策部防疫課

03-5320-5892

副反応による健康被害に関する相談

健康被害救済制度

予防接種を受けたことに伴う副反応により、健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じ、入院や通院をされた方等への救済制度があります。
健康被害救済制度に関する相談や、申請を希望される場合は、下記お問合せ先(健康推進課予防接種担当)へご連絡ください。

 

任意接種として令和4年3月31日までに接種をされた方へ

積極的接種勧奨の差し控えにより、HPVワクチンの定期接種の対象年齢(小学校6年から高校1年相当)の間に接種を受ける機会を逃してしまった方で、令和4年3月31日までにHPVワクチンの任意接種を自己負担で受けた方に、接種費用の助成(償還払い)を実施しています。

詳しくは、リンク先をご確認ください。

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課予防接種担当

電話:042-346-3700

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る