トップ > 市政情報 > 事業者向け > 入札・契約 > 公共工事における前払金の取扱に関する臨時的措置の延長について

公共工事における前払金の取扱に関する臨時的措置の延長について

更新日: 2019年(平成31年)3月29日  作成部署:総務部 契約検査課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市では、工事請負業者の資金繰りを支援するために臨時的な措置として実施している工事の前払金の支払要件の緩和措置について、下記のとおり期限を延長して実施します。

1要件緩和の内容
 措置前措置後
対象となる契約金額1,000万円以上130万円以上
対象となる工期日数60日以上撤廃
 

※上表以外の要件(前払金の率40%、最高限度額2億円等)については、従来どおりです。また、設計・調査・測量については、従来どおりの要件となります。

 

2 実施期限

平成32年3月31日まで実施します。

※ 期間中に契約を締結する案件が対象となります。

 

3 手続き

前払金の請求手続きについては、従来どおりです。

※ 前払金の請求には、保証事業会社と保証契約を締結する必要があります。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

契約検査課契約担当

電話:042-346-9517

FAX:042-346-9518

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る